名水協災害対策ネットワークとは 概要・目的を紹介します。
市上下水道局地震対策 上下水道局から皆様へのお願いです。
東海地震の予知 「東海地震に関する情報」
「警戒宣言」発令時の対応の仕方などを紹介します。
地震対策 171災害用伝言ダイヤルの操作方法、震度階級について解説をします。
応急給水施設 いざという時に給水が受けられる施設の位置を紹介します。

市上下水道局地震対策

名古屋市上下水道局地震対策「命の水を守る」より抜粋(平成25年4月現在資料)
災害時にご家庭の水道が断水した場合にも、みなさまが水をご利用できるように、下表のような目標を定めています。

名古屋市上下水道局地震対策 目標

トップページにもどる




水の備蓄をお願いします

地震に備えて、ご家族みなさまの分の備蓄をお願いします。

<備蓄の目安>3L × ご家族の人数 × 3日分

(1) 10Lぐらいの新しいポリ容器を水でよくあらいます。
(2) ポリ容器に空気が残らないように、いっぱいまで水をいれてフタをしめます。
(3) 直射日光が当たらない、風通しの良いところにおきましょう。
(4) 3日過ぎたら花などに水をあげるなどして、新しい水に取り替えましょう。

※市販のポリ容器の容量には多くの種類があり、持ち運びに便利なものもあります。


地下式給水栓で応急給水してください
避難所となる市立小学校に地域のみなさまが自ら操作して飲料水を確保できる地下式給水栓を整備しています。

この看板が目印です

このセットは小学校に預けてあります
地下式給水栓 案内看板 操作セット


災害時仮設トイレを設置してください
避難所に地域のみなさまが自ら組み立てて使用できる災害時仮設トイレを保管しています。付近の災害用マンホールに設置してください。

このマンホールが目印です
仮設トイレ用マンホールふたイメージ 転落防止用器具 仮設トイレ

トップページにもどる

Copyright (C) 2005 名古屋市指定水道工事店協同組合 All rights reserved.