名水協災害対策ネットワークとは 概要・目的を紹介します。
市上下水道局地震対策 上下水道局から皆様へのお願いです。
東海地震の予知 「東海地震に関する情報」
「警戒宣言」発令時の対応の仕方などを紹介します。
地震対策 171災害用伝言ダイヤルの操作方法、震度階級について解説をします。
応急給水施設 いざという時に給水が受けられる施設の位置を紹介します。

地震対策

<参考>171 災害用伝言ダイヤル
【概    要】

 NTT西日本、東日本が提供するサービスで、地震等の災害が発生し、被災地等への安否確認等の電話が殺到して電話がかかりにくい状態(ふくそう状態)になった場合でも、自宅の電話番号等をキーにして安否確認等の伝言を蓄積装置に預け、伝言の録音や再生を行うことにより、被災地内の家族や親類、知人等と連絡を可能にするボイスメールサービス。

【利用条件】

登録可能電話番号 被災地及びその周辺
伝 言 録 音 時 間 30秒
伝 言 保 存 期 間 48時間
蓄 積 伝 言 数 被災規模に応じ、1〜10伝言に設定

【操作方法】

操作方法

●利用にあたっての留意点

家族や親類、知人等との間で、登録の際の「キーとする電話番号」を予め決めておくこと。
限られた録音時間内(30秒)で適確に情報を録音できるようにすること。

トップページにもどる



地震による被害を想定する
 自社の危険度の把握結果を踏まえ、地震が発生した場合に、自社にどんな人的被害、物的被害、事業への影響等の被害があるか想定します。

<参考>気象庁震度階級関連解説表(抜粋)
気象庁震度階級関連解説表(抜粋)

対策内容を決定し、実施する
 被害の想定結果を踏まえ、被害を最小限に抑える策を検討します。ここで検討された地震対策を単年度で全て実施するのが理想ですが、地震対策は膨大なため、全て単年度で実施できるとは限りません。自社にとってまずどの対策を実施すべきか優先順位をつけ、計画的に実施していくことが重要です。

トップページにもどる

Copyright (C) 2005 名古屋市指定水道工事店協同組合 All rights reserved.